看護師とパソコンスキル

看護師はもともとパソコンスキルがそれほど必要ではない職種でした。ですが、電子カルテの導入などで看護師にもパソコンスキルが求められるようになっています。そのため、看護師のパソコンスキルは以前に比べると向上しています。看護師がパソコンスキルを向上させることができた理由は、仕事での使用機会が増えたことや、学校教育でパソコンの授業が導入されていることが挙げられています。

近年の医療機関では、実は電子カルテ以外にもパソコンを利用する機会は増えているようです。例えば、大学病院などでは看護研究のための資料作成はすべてパソコンで行います。また、看護師のシフト管理や看護記録でもパソコンを利用している病院は増えています。そのため、日頃からパソコンを使わざるを得ない状況下にあり、若い看護師は自然とパソコン操作が身についているようです。

また、学校教育でも早い時期からパソコンの授業が行われており、義務教育や高等教育での一般的な授業はもちろん、看護系の大学や専門学校でもパソコンは用いられています。しかも、若い世代は日常生活でもインターネットに触れる機会が多いため、パソコン操作には抵抗がないとも言われています。

今後も、医療業界のIT化はどんどん進んでいくことが予想されるので、もしもパソコン操作に苦手意識がある場合は、早めに対策を練りましょう。なぜなら、今後は看護師であっても、パソコンスキルは転職に大きく影響するかもしれないからです。